スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
収穫は一段落しましたが、まだまだ畑の後片付けが立て込んでいる11月22日。
東京は日本橋・日本農薬本社ビルへ行って参りました。

農業女子PJの企業コラボレーションの一環で、日本農薬さんの「明日の農業を考える日農プロジェクト」という企画が始まったのです!

171122-3.jpg

日本農薬さんの商品にはお世話になっています。
ダニコングとかフェニックスとかアプロードとか……これからの時期はバッチレートも!
りんご栽培に携わって早9年(そうです9年経ちました)、
気がついたら愛車はSS(スピードスプレーヤー)と草刈り機だったこの9年。
農薬の事よくわからないじゃだめだ、と思い毒物劇物取扱責任者の資格を取ったりもしました。

「農薬は危ない」「農薬を使った農産物は体に悪い」と消費者の方から聞かれることもあります。
それに対して精一杯答えていますが、果たして十分に伝わっているのか心配になることがあります。
そんな時に農薬を知るよい機会を設けて頂きました。
詳しい内容はまだお知らせできないのですが、日本農薬さんがご自分の会社のことだけではなく、
農薬業界全体を広く見据えたプロジェクトとしてこの企画は始動したんだなぁと感じました。

また、全国津々浦々から集まった農業女子の方々の思いの熱いこと熱いこと!
半日のセミナーだったのですがもっと時間が欲しかったくらいです。
皆さんの農薬について学んでご自身の農産物に対してしっかり責任をもちたい、
そして安心安全を消費者に伝えたいという情熱をひしひしと感じました。
作っている作物は違えど、農産物に向き合う姿は真剣そのものですね。
お客様にどうやって情報を伝えようと悩むことは、皆さん共通みたいです。
私自身、とてもいい刺激を受けました!よ~し、もっと勉強しよう!と張り切っています!!

いや~本当に内容をお知らせできないのが残念です!!!
今後、自分が関わったプロジェクトがどのように世に出るかが楽しみです!
農薬についての見方・考え方、そして学び方が変わるかもしれません!

最後にセミナーの休憩時間にいただいたケーキです。
171122-2.jpg
こちらのケーキでした。→ルエールサンク
オレンジマーマレードが乗っていて爽やかでした。いろんな味と食感が層になってて美味しかったです。

なおこれは日本橋に行く前に新橋で食べたオムライスです。
171122-1.jpg
ニュー新橋ビル1階の「むさしや」さんの看板メニューです。バターが効いたチキンライスがおいしかったです。
サラリーマンに大人気でした。皆さん食べるの早かったです。
今度行く時はナポリタンを食べたいと思います。
スポンサーサイト
■農作業日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)

新車を購入しました

2017/06/03 Sat 21:24

すっかり投稿が開いてしまいました(ブログのパスワードを忘れました……)
作業も始まり、花が咲き、ハチが飛び、実になりました。
現在、実をひたすらすぐって(落として)います。

そんな間に必要なのが「草刈り」作業!
好きな音楽を聴きながら園地(約3ha)を駆け回る作業は、延々と続く摘果作業の息抜きです。

実は今期から新車を導入しました!
それがこちら!
170603-1.jpg

愛媛のアテックス社の乗用草刈り機です!

愛媛からはるばるようこそ!!みかんの国からりんごの国へ!!
写真に写してもかっこいいですね!ゴーカートみたいですね!

170603-3.jpg

うーん、別アングルから撮影してもかっこいい!

ちなみに今まではこんな格好で作業していました→2013年8月11日の記事



地元の農機具屋さんで改良してもらった特別仕様車です。
自走式草刈り機に、イスが付いてます。

今期からはこうなります。

170603-2.jpg

あまり乗ってる人は変わりませんね!!!

ただ乗ってるだけで草が刈れるのは不思議な感じがします。
思ったよりスムーズな動きでキレイに刈れますし、しかも足が速い!
刈り幅も広くなったので、草刈り作業の時間短縮になりそうです。
乗用草刈り機では大きなケガをする事が多いと聞くので、気をつけて乗りこなしたいですね。

今までは自分の目の前で草が刈られていたのですが、これからは自分の直下で刃が回っています。
そしてなかなかに燃料を食います。エンジンが大きいからしょうが無いですね。
車と一緒で積載量を少なくすると燃費向上になると思うので、自分が減量しようと思います。

ここ数日、雨が降って園地がしっとりしてます。
土埃もたたないので草刈り日和です!
明日も新車で園地を駆け抜けますよ!
■農作業日誌 | コメント(1) | トラックバック(0)
1月14~16日、香港で開催された
「農業女子フェアin香港」へ参加してきました。


170206-01.jpg
日本各地の農業女子が作った、農産物・加工品を、
香港そごうとイオンスタイルで販売してきました!

やっと落ち着いてブログの記事を書いています。
まずはイオンで販売した時の事を……。

170206-09.jpg
こちらはイオンスタイル・コーンヒル。
地下鉄の出入り口からすぐのとても便利な場所にありました。

170206-21.jpg
一緒に写っている方は埼玉のさつまいも農家・武田さんです。
お母様と息子さん、二人でおいしいさつまいもを試食販売されてました。
埼玉でおいものカフェも営んでおられるそうです。
http://oimocafe.com/
この試食のサツマイモ、大人気で人が群がり、あっという間に無くなりました。
香港の方は、甘いものが大好きでサツマイモには目が無いようです。

試食で驚いたのは、本当になんでもよく召し上がるなぁという事でした。
りんごももちろんですが、大根(うす切りにしただけ)もめちゃくちゃ人気で、お皿に出しているとすぐ売り切れます。
言葉が通じないのですが、とりあえず、なんでも手にとって食べる!おいしかったらお買い上げ!
とても試食のしがいがある売り場です。

さて、スーパーの売り場もじっくり見学……とはいかず、ささーっとりんごだけ見てきました。
なんとまぁ、世界各地のりんごが所狭しと並んでいました。

170206-05.jpg
アメリカ産のデリシャス系のりんごから……

170206-06.jpg
イタリア産のアンビシャス、という品種。

170206-07.jpg
青森はもちろん、長野のアルプス乙女、岩手の冬恋・シナノゴールドと日本中のりんごが集まっているかの様でした。

170206-04.jpg
バックヤードを見て驚きです。青森県の名だたる農協・移出業者の箱がいっぱい!
香港のりんご消費がうかがい知れます。

170206-10.jpg
そんな当園のブースはこちら。
弘前市からもご協力を得て、法被やポスターを提供して頂きました。ありがとうございます1

店頭販売は、言葉が通じず、お客さんはもちろん、店員さんとの会話も身振り手振り!
初日のイオンではなにがなんだか分からず、とりあえず店頭に突っ立ってただけでした。
…ですがなんとかなるものですね!!

一緒にブースに立つ店員さんに「りんご、いかがですか?」という広東語を教えて貰ったり、
目の前の試食コーナーの販売員さんとりんごと試食品(お肉でした)を物々交換したり、
お客さんに「あなた、”りんご”の発音違うわよ」とご指導頂いたりしました。
香港の方々はとてもフレンドリーです。

「言葉通じなくてもなんとかなるな~」と思ったのは、やっぱり自分で作った農産物を手にしているからですね。
りんごを持って、りんごのTシャツを着て、「私が作ってます!!」と言わんばかりに(日本語で言ってました)
アピールしてましたが、言葉は通じずとも熱意は伝わったみたいです!
一口食べて「おいしいね」と言ってもらえるのはどこへ言ってもうれしいですね!
■農作業日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)

11月に入りました

2016/11/04 Fri 19:26

気がついたら11月になっていました。(ほんと書き出しこればっかりですが…)
毎年9月のサンつがるの収穫が始まるとあっという間に日々が過ぎていきます。
今年は温かい日が続いていていたのですが、10月末からやっと秋らしくなりました。

161104-1.jpg
岩木山の紅葉も写真に収める間もなく、雪化粧の今日この頃です。朝晩は寒いです。
りんごを収穫する手もかじかみます。雨が降っているとなおさらです。
今年はずーっと雨模様で収穫作業も大変です……。

161104-2.jpg
葉とらずふじもようやく葉っぱが黄色くなってきました。
仕事をし終えた葉っぱが落葉するまで、じ~~~っくり待ってからが葉とらずふじの収穫です。

今は王林の収穫中で、この後、サンふじ、そして最後に葉とらずふじと続きます。

というわけで、そろそろ晩生種の販売を開始します!
ホームページの更新はもう少しだけお待ち下さい!
■農作業日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)

本日の作業

2016/10/24 Mon 21:33

10月も最終週となりました。
今は「ツル回し」という着色管理作業の真っ最中です。
「玉回し」ともいいますね。

今までお日様が当たっていたところをくるっと回すと、あら不思議!日が当たらずにいた部分が見えます。
こうやって園地に実っているふじ全てをひたすらくるくる回す作業が延々と続きます。

ここ数日は風が強く、せっかく回したりんごが元に戻ってしまいます。
「自然との戦いだなぁ」とつくづく感じる作業の一つです。

161024-1.jpg
劇的ビフォー…

161024-2.jpg
アフター!!

サンふじの作業としてはもちろんのことですが、当園では葉とらずふじもこの作業を行います。
サンふじと葉とらずふじの栽培の違い、当園ではそれこそ「葉っぱを取るか取らないか」だけなのです。

省力化栽培とも言われる葉とらず栽培ですが、手抜きも妥協もしません!
だからこそ味に自信があります!!
今年もおいしくできますように……と願いながら明日もくるくるりんごを回します。
どうぞ風が強くありません様に……。
■農作業日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。