スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
「恋空」の販売告知をしてから早1週間。

お待たせしました、販売を開始します。

昨年に比べると樹勢も落ち着いたのか、着果数は多いのですが、
宅配用になる品質のものはそう多くはありませんでした。残念です。
色づきも個体差があるようで、ひとつひとつ、徐々に赤くなっていっています。
それこそ、真っ赤に熟れているりんごもあれば、まだまだこれから、という青い実も。
赤く色づいたものから収穫してお届けする予定ですので、
ご注文後、少々お時間を要する場合があります。ご了承下さい。

ご注文こちらからどうぞ!

※また、当初は「あおり11・12号」との食べ比べセットを販売予定でしたが、
これら2品種の収穫数が僅少の為、販売を見合わせることにしました。申し訳ございません。
「恋空(あおり16号)」のみの単独販売となりますが、どうぞご了承下さい。





農作業はまだまだ「摘果作業」です…。
母と私の2人で細々と続けています。
なんとか折り返し地点は通過したものの、ゴールは遠いです。

この「摘果作業」ですが、花が咲いた5月上旬からずっと行う大切な作業なのです。
キズ果や生育不良な実を落とし、良い実を残すために何度も繰り返し行います。
何度も同じ木に手をかけるはずなのですが、その度に見落とし箇所を発見するのです。

2、3個固まっている事はしばしばありますが、今日発見したのはまさに鈴なりでした。

090806-110436.jpg

ここまで群生していると、なんだか違う果物みたいですね。
これが秋になると、一体どうなるのか実験してみたくなりましたが、我慢して摘果しました。
まだまだ、お盆くらいまではこの作業が続きそうです。がんばります!
■農作業日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。