スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
DSCN7469.jpg
これまた写真がきれいに撮れました!
北紅(あおり13)です。

つがるとリチャードデリシャスを掛け合わせた品種で、酸味が少なく甘みが際だつ品種です。
丸かじりすると、パリっと歯ごたえがよく、甘い果汁がタップリです。
酸味が恋しい私は、彩香に軍配を上げますが、「甘いりんごが好き!」という方にはオススメの品種です。

DSCN7470.jpg

目を引くのはなんといってもこの色合い。
なんと北紅は、つるの部分まで真っ赤なんです!おどろきですね!

私の大好きな彩香は鮮やかな赤ですが、北紅は対照的な濃い赤。
二つを比べてみると、対照的でとてもきれいです。
写真をご用意できず、申し訳ありません!

実は私がこっそりと食べようと、油上がりになるまで木にならせておいた彩香があるのですが、鳥たちの餌食になってしまいまして、見るも無惨な状態の果実しか残っておりません!
さすがにその様なりんごを写真に残すわけにもいかず…。
ですが、生産者はそんなりんごでも平気で食べます。
むしろ「鳥が食べるほど美味しい!」ということです!

こころなしか、鳥の餌食になったりんごほど、おいしいのです。
北紅も、もちろん鳥のターゲットになっておりました…。

こちらのりんご、鳥につつかれた部分を隠してありますが、中を割ってみてみたら…
DSCN7459.jpg

見事に蜜入りでした!

もともと、蜜の入りやすい品種なのですが、やっぱり鳥はおいしいりんごを狙ってるんですね。
私もそんな審理眼をそなえたいところです!

さて、そんな北紅ですが、数量限定3kg箱での販売をこっそりと行います!
数量が少ないのでお早めにどうぞ!
(全ての果実が蜜入りとは保証できかねますので、ご了承下さい)

北紅のご注文はこちらから→【数量限定】北紅3kg
kita3.jpg
■農作業日誌 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。